Daylighting (太陽光採光)
 
は太陽光を明かりとして室内に取り込む際に使用される増反射アルミ材です。屋上から採光した太陽光をvega材を使用した光ダクトの中を複数反射させながら、屋内の太陽光が届かない空間に光を導光させることができます。
また、ライトシェルフによる採光にも最適な 耐候性増反射アルミ材もございます。
いずれの採光システムにおいても必要不可欠な素材が、vega材に代表される増反射アルミ材です。

  特徴

全反射率と光の減衰の関係

光ダクトに使用される素材の反射率は高ければ高いほど、効率よく太陽光を取り入れることができます。考慮しなければいけないのが、反射の際に起こる光の減衰です。
右のグラフは、光ダクト内を複数反射させた場合の光の減衰率を表しています。
全反射率98%のvega98100は、ダクト内を10回反射させても太陽光を80%導光することが可能です。全反射率が95%のvega95100は10回反射後は60%になり、全反射率86%のアルマイト材に至っては半分以下という結果となります。

多層コーティング

光ダクトによる採光
(イメージ)

  商品一覧及びテクニカルデータ

屋上トップライト

事務所階段部分への採光

ブラインドによる採光

国内施工例 T-Soleil